委員会名    燕市農業委員会
 タイトル   料理コンクールと1日レストラン 
      米・米粉の消費拡大、食育・食農など・・
                        積極的に取り組んでいます
 コメント  
  農業委員会では、市、農村地域生活アドバ
 イザーと連携し、毎年 10月の第1日曜日に
 道の駅「国上」で「料理コンクールと1日レス
 トラン」を開催しています。
  平成23年度は、10月2日に開催しました。
 料理コンクールは4回目、農家レストランは
 2日目の開催となりました。
  この目的は、「米を中心とした日本食の良さ
 を見直すとともに、米・ 米粉の消費拡大・・
 地産地消を推進する」ことです。

 「料理コンクールと1日レストラン」案内チラシ
                  (↑リンク)
 
 
     農業委員会では、法令事務・促進活動は、もちろん、米・米粉の消費拡大、
   地産地消、食育・食農など・・・
    行政や農業団体と連携して、各種活動に積極的に取り組んでいます。


    ○ 農業まつり・産業まつりで「農業委員会のコーナー」を設置し、
     東京の新潟館ネスパスのイベントでは、女性農業員と女性職員も参加し、
     燕さん農産物のPRを行っています。   (←写真リンク)

    ○ 「米消費拡大シール」と「食育・食農ポスター」の作成と掲示 (←写真リンク)
      シールの「ロゴ」は、農業委員会で独自に作成したものです。
      委員の名刺や名札、シールにして年賀状に貼って、米消費のPRを進めて
      います。
  
    ○ 燕市広報に「農業委員会からのお知らせ」  (←写真リンク)
      市広報に定期的に掲載(年3〜4回)することにより、市民から「農業委員会
     活動」を知ってもらうとともに、地元農畜産物の消費拡大をPRしています。


    ○ 避難者の方の避難所農園の支援や収穫祭を行いました。 (←写真リンク)
      福島からの避難者で、農業をされていた方から、畑作業をしたいとの要望に
     応え、地域の農業委員や市農林部が仲介し、避難所近くに畑を借りました。