委員会名    新潟市中央農業委員会
 タイトル    耕作放棄地再生現場確認
  年 月 日    平成26年 7月 24日    (写真の撮影日)
     






 コメント
  
  

      優良農地でも、減反政策や担い手不足・高齢化により、遊休農地が増加傾向と

     なっています。